鍼灸治療は無資格の人が自分で行ってもいいか

鍼灸治療

鍼灸治療は無資格の人が自分で行ってもいいか

鍼灸治療は無資格の人が自分で行ってもいいか

鍼灸治療が行えるのは鍼灸師しかおらず、国家資格を取らなければいけません。国家資格と言ってもただ試験を受ければいいわけではなく養成学校を修了したうえで試験を受け合格する必要があります。取得をするには時間もお金もかかりますが、いざ取得できれば鍼灸師としていろいろな人に対して治療を行えます。つまりは鍼灸治療は無資格の人が他人に対して行うことはできません。では無資格の人が自分に対して行うことができるかです。お灸に関しては古くから家庭内で行われていて、ドラッグストアに行くと簡易的なものが売られています。鍼灸師が行う本格的なものと言えないものの、自分でツボを探して火をつけた灸をそこに貼り付けておけば治療を行うことができます。鍼となるとドラッグストアではあまり見かけませんが、一応自分で行うためのものが販売されています。これらを使えば資格を持っていない人でも自分で治療が行えるので気になる人はやってみるといいかも知れません。